出発点―1979~1996

先日、NHKスペシャルで『終わらない人 宮崎駿』という宮崎駿特集があったのですが、映像の中に、ドワンゴの川上量夫に対して宮崎駿が憤っているようにみえる場面があり、方々で話題になってるようです。

川上さんがジブリに訪れ、人工知能、CGに関する取り組みについて、宮崎監督にプレゼンをします。そこで、川上さんは”頭が大事という概念と痛覚がなく、地面を這いずり回る気持ちの悪いCGの生き物”について紹介をします。それを見た宮崎監督が「生命の侮辱を感じる」と返します。川上さんはその強い口調に狼狽え上手く言葉を返すことができません。

そのシーンでの応酬を以下引用します。
〈川上量夫の発言〉

とりあえず今日は人工知能で映像処理をするっていうのがあちこちこで発表されてるんですが、うちのほうでもこういうことやってますという説明です。

これは早く移動するっていうのを学習させたやつなんですね。これ頭を使って移動しているんですけど、基本は痛覚とかないし頭が大事っていう概念がないんで、頭を足のようにつかって移動している。

この動きが気持ち悪いんでゾンビゲームの動きに使えるんじゃないかって。

こういう人工知能を使うと人間が想像できない気持ち悪い動きができる。
こんなことをやってます。


- 『NHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」』(NHK)
〈宮崎監督の発言〉

あの~毎朝会うこの頃会わないけど身体障害の友人がいるんですよ。ハイタッチするだけで大変なんです。彼の筋肉がこわばっている手で僕の手でハイタッチするの。その彼のことを思い出して、僕はこれを面白いと思ってみることはできないですよ。

これを作る人たちは痛みとか何も考えないでやっているでしょう。極めて不愉快ですよね。そんなに気持ち悪いものをやりたいなら勝手にやってればいいだけで僕はこれを自分たちの仕事につなげたいとはぜんぜん思いません。

極めて何か生命に対する侮辱を感じます。


- 『NHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」』(NHK)


この応酬をめぐって今方々でさまざまな意見が錯綜しているようです。
とりわけ目を引くのは宮崎駿ぶち切れ!というセンセーショナルなタイトルの動画や記事です。しかし、僕はどうも宮崎監督が悪い意味で感情的になってるとは思えないのです。

宮崎監督は自らの中に生まれた不快な感情について率直に表明をして、川上さんの反応を見ている。また、自らの感情について向き合うことでその整理しているようにも見えるのです。

宮崎監督が本当に怒った場面
その典型な場面が『ポニョはこうして生まれた』にあります。不躾にカメラを回し続けた荒川さんに「僕は本当は不機嫌な人間なんだ」と怒り、はっきり拒絶の意思を表しているシーンです(ちなみに、件の荒川さんは『終わらない人 宮崎駿』のディレクター)。少なくともこの瞬間ははっきりもう帰ってくれという意思を示しています。

これほどの拒絶感は今回感じられませんよね。今回は、あくまで「僕は不快でした。あなたはどう思いますか?」という問いかけをかなり冷静に行っているように思います。

また、川上さんと宮崎監督の関係性にも注目すべきです。僕は、ジブリのラジオである「ジブリ汗まみれ」もすべて聞いてきた人間ですが、ラジオを契機として、川上さんはジブリ見習いになって長いわけです。見習として多くのジブリ作品にも携わってますし、ジブリのドキュメンタリー映画『夢と狂気の国』ではプロデューサーも務めています。原発をめぐる座談会、コクリコ坂のニコ生を通した広報など様々な場面で顔を合わせている関係です。

監督と川上さんの間には一定の信頼関係があるわけです
だからこそ、監督の件の冷静な指摘の背景には諭すような柔らかいニュアンスがおのずから含まれているように思うのです。

さらに、付け加えるならば、今回の映像は編集されたものだということです。答えに窮して狼狽する川上さんのカットの後に、監督と川上さんのいくつかのやり取りがあったかもしれません。それは、編集された映像を見るしかない我々には分らないことです。


このように二人のやり取りにはいくつかの背景、見えない文脈があるのです。これらのことを十分に留意する必要があるでしょう。これらの背景を踏まえれば、宮崎監督激怒!と言えるような場面ではないんじゃないかと思うんです。方々の激しいやり取りを見ていると、もう少し文脈を踏まえて、抑制の利いた議論をするべきなんじゃないかという気がします。




2016年11月16日│映画 │Comments(0)

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディション

久々の更新です。今回は、「wood job」という邦画を紹介します。この映画は「あ~都会って疲れるわぁ。やっぱ田舎最高だわ。つうか林業でもやって自然の中で暮らしてえ」なんて甘い考えの自分みたいな人間に見てほしい。そして、伊藤英明に首根っこつかまれてほしい。ちなみに、寄生獣でも主人公を演じた染谷将太が主人公役や林業の先輩役が伊藤英明、ヒロインが長澤まさみというなかなか自分好みなキャスト陣です。

話を簡単に説明すると、大学受験に失敗した主人公が、パンフレットの表紙の長澤まさみに惹かれて林業研修プログラムに参加。力仕事、厳しい上司、携帯の電波も届かない不便利な生活に悩まされながらも林業や田舎ならではの濃密な人間関係をとおして人間的に成長していくというものです。

とにかく、この映画の見所は林業の先輩伊藤英明の厳しいけどデレたら優しい山の男感。伊藤英明は、悪の教室みたいなサイコパスの演技もくっそうまいんだけど海猿的な熱い男もうまいんだよなあ。

林業をなめてかかってる主人公を認め始めた伊藤英明が、主人公を山の男として認めない老人たちに対して一言。
こいつはほとんど役に立たんけど、ちゃんと山の男や!!
あーもうこういうの最高やで。とにかく暖かさを感じる映画です。


自然となんらかかわりのない生活を送って、となりのトトロような映画ばっかりみてると「自然っていいな」という考えばかり先行してフィクションの中で「自然の中で生きたい」と言い出す。それはとても不健全に思えるから、こういう映画にときには触れてみたほうがいいかもしれませんね。


ちなみに、宮崎駿監督も『バカの壁』の養老孟司氏との対談の中でこのように語っています。
漫画とかアニメーションばかりみてると基礎になるものがなくなる。基礎がトトロじゃ困るんですよね。湿度がないでしょ。僕らはトトロの風景かいてるときにむんむんして蛾がいっぱいとんできてね。

映画館の中はとてもそういうのは伝わってきませんから。そういう状態で日本は綺麗だと思うのと実際生活するのは違うことなんで。

- 『こどもたちへ 宮崎駿・養老孟司の対話』(NHK教育)

個人的には、トトロを見た後、wood jobを見てほしいですね。一緒に見るといろいろ考えちゃって面白いですよ。




2015年08月29日│映画 │Comments(0)

monster

2015年3月31日をもってネットゲーム「モンスタードラゴン」のサービスが終了するらしい。実は、サービスがはじまって最初の頃すげえやってたネトゲなのでさびしいものがある。トップ画像が自分が使ってたデッキです。当時はめちゃくちゃ面白かった。ならなぜサービス終了まで至ったかって?黎明期を見た自分から言わせると以下の原因が考えられるかな。

  • 簡単に大量にもらえて、レア度の高いプラチナやブラックもでたブロンズチケットの廃止。自分もアレクサンダーとクリムゾネイトを引き当てました。
  • カード強化とかメダルなどやたらややこしい要素を入れて初見ごろしを加速させる。
  • カードにややこしい能力をつけまくって初見殺しを加速させる。

いやいやいや。そんな前から金持ちギルドはタイタンやポセイディアつかって無双してたし、そういうことに対して不安でてたやろ」って言われたらそのとおりだからあくまでモンドラ終了を加速させたであろう原因の一部を挙げました。

いろんな要素を入れすぎて最初から玄人に追いつけないのが見えちゃうから萎えちゃうっていう。しかも、ブラックやプラチナがどんどん増えて課金勢と無課金勢の差がメンテの度についていく。まあ、自分が運営にまわったら、カードを追加したり新要素いれないと尻すぼみになって利用者減っていくだろうし「ならどないしたらええねん」って感じになるだろうから仕方ないっちゃ仕方ないわなあと思ったりもしてます。


しかし、面白かったのでもったいない。今回の反省を踏まえたモンドラ2がみたいなあ。そうしたら絶対課金しまっせ運営さん





2014年12月10日│ゲーム │Comments(0)

ネーブル×ランティスラジオ「ねぶら」CD スペシャル

長い休止期間を置いて復活した荻さんと後藤さんのラジオねぶらが次回で最終回。復活したときは「しゃらああああああ」ってパソコンの前で発狂するほどのたうちまわっただけにかなCですわ。金朋とやすくんのエアラジオと同じでわりとマンネリとは無縁なラジオだっただけに終わるのもったいねーなと思っています。

まあその前に367回の荻さんの誕生日会はかなり笑ったからぜひ聞いて欲しい。もうこれが最終回でもいい。


一方、帰ってきた溝ラジこと「帰ってきた! ささら、まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2」は延長するみたいです。初っ端から胡散臭い最終回だったからすぐわかったわ。でも、うれしい。

終わったり延長したり悲喜交々なラジオ日和でした。


2014年12月05日│声優 │Comments(0)

bn_400rumra


荻さん×英麻様のラジオきたあああああああああ。
プレ配信と第1回聞き逃したあああああああ。
アーカイブ死んでるやんけええええ。


かなりのトークスキルを持つお二人のラジオだけに期待するしかない。
日ごろから絡みがあるだけあって第2回かみ合いまくってますね。

溝ラジが終わっちゃうから、常駐ラジオが増えてうれしい限り。はあうれしい。


リンクはこちら
http://rumra.zizz-studio.com/


2012年07月31日│声優 │Comments(0)

オリンピック


http://www1.nhk.or.jp/olympic/live/


今更、気づいた。こんな便利なことしてるならもっとテレビで宣伝して欲しかった。
ブラジル×ベラルーシのサッカーと錦織みるか。

あと、ここも追加で。
http://www.gorin.jp/live/


2012年07月29日│スポーツ │Comments(0)

今、それなりにはまってるネトゲPSO2。同じとこぐるぐるでさすがに飽きてきたけど新しいボスでちょいと持ち直した。その名はビッグヴァーダー。言葉でより、動画でその魅力を感じて欲しい。







ソロでやるとこれが時間かかるだけの見掛け倒し。はっきりいっちゃえば糞ゲなんだけど、ぺちぺちとこのでかぶつを皆で分解していくのが楽しいんだなこれが。共同作業の楽しさを感じるね。



ついでに、今までのPSO2の感想を簡単に。
「廃人殺しで新規に優しい」ってのがまず重要なポイントかな。

・レア度が高い武器と低い武器の差がほとんどない。
・レベリングが容易く、カンストレベルが現在40と低い。
・スクラッチなどの課金アイテムが、マイショップ(オク)に
激安で流れてるので課金額による差がほとんどない。


今後、どうなるかは分からないけど個人的には現状ではいい点かな。特に、スクラッチが微妙っていうのは評価点。重課金者からしたらマイナス点だろうけどね。俺は、バッグ拡張(1600円分)と出品(700円)しか課金してないから課金額で差がつかないのは嬉しい。
ここら辺は立場の違いで感想が違うだろうけど、ひとつ言えるのは


SEGA大丈夫か!?



こんだけスクラッチ寒いんじゃ課金で儲けでないでしょ。
しかも、DUPE疑惑問題や無限ラッピーなんかも重なって「メタセ(PSO2の通貨)簡単に稼げるじゃーん」状態。
これじゃあ誰も課金しないのでは?まあ、課金者優遇ゲーになったら俺は絶望しちゃうけどね。

儲からなくてサービスが適当になるのはもっと絶望だからジレンマですね。
とりえあず、頑張れSEGA!ゲーム自体は面白いので、皆にもおすすめです。





2012年07月22日│ゲーム │Comments(0)

ラジオCD「ささら、まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2」Vol.15

ああああああ。溝ラジこと「ささら・まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2」が残り数回で終わっちゃうよおお。
こんなにも長かったのに、あっけなく終わっちゃうなんて驚きです
作品系のラジオでしたから、ここまで続いてたほうが驚きなんですけどね。

毎週毎週聞いてきたラジオが終わるというのは悲しいものです。
ラジオというのは、数年にわたるひとつの習慣ですからね。


そういえば、あのラジオが終わったときも悲しくなったなあと色々思い出したので、
久々に思い出しつつ書いていこうと思います。

続きを読む


2012年07月21日│声優 │Comments(0)